0857 08-04-24

リポDの材料費は一本分8え…







ども、ネコマです。

腐れ縁のセキチコ野郎も含め、今の時期はイロイロとお疲れのカタが多いようです。ママンの所やセキチコの職場でもお疲れの方が多く毎日大変な様子。この時期はやはりヘロヘロメンが多いみたいです。なので栄養ドリンクを購入する方も多いみたい。でも、
「何を買えばいいのやら…」
「高いのが効くの?」

といったヒトが割と多いです。そこで栄養ドリンクについてちょっくら豆知識的な情報を(あっしの未熟な知識で)ご提供(^-^)/まぁ本当の地獄は夏場ですが…(^_^;)

栄養ドリンクには二種類あって、「タウリン系」「生薬系」に分かれます。違いが分かるとイロイロお得です。








f0054133_8375230.jpg

タウリン系に代表されるのは「リポD」とか。タウリンは魚介類に多く含まれ、カラダの機能を一定(および標準)に保つ機能があります。だから別に「ファイト一発」ってワケじゃぁありません。でも単純な肉体疲労にはコレがいいかと。最大摂取量は一日3000mg。それ以上はオナカやキブンが悪くなるかも。一本200円未満のモノが殆どだし、一緒に糖やら何やらをエネルギーに変えるビタミンB1やB6などが入っているので単純な肉体疲労にはコッチがいいかも。








f0054133_8381438.jpg

んで、生薬系だとゼナやらユンケルやら。各ドリンクによって配合成分に差はあるものの、ニンジンやらゴオウやらが基本的には強心作用を主としてます。滋養強壮と同時に血行を促進したり、カラダを活性化させることで「ヤル気」を出す訳ですな。だから徹夜や激務の連続で心まで疲れているときにはコッチがいいかと。まさに「ファイト一発」です。

ちなみに生薬系だと一本3000円くらいのユンケルもあるけど、買わない方が無難。だって入ってる成分、そこそこのと大差ないもん(笑)今はカインズでさえもPBとして栄養ドリンクを販売している時代。タウリン系に関しては大正製薬やら大鵬薬品やらの大御所のNB(ナショナルブランド)よりも、マイナーで販売店のグループが作っているようなPB(プライベートブランド)の不尾が安くて高性能。だから間違ってもリポDやらユンケルなんて買わない方がいいです。オmカネ、モッタイナイ(爆)まぁコンビニなんぞで「医薬部外品」なんてショボいモノを買わずに、薬局の薬剤師に聞いてオススメの医薬品PBを買った方が安くてお値打ちですぞ(^-^)/ちなみにPB勧めてこなかったらソレがBESTか、儲ける気の無い店員かのどっちかですww

個人的には…
●タウリン系
サンドラのリポサルミン…タウリン2000で10本400円!
カインズのトップカイザー…698円でタウリン3000。でもMAJIDEうめぇwww
●生薬系
ニンジン系がカラダがヒートアップするでよ。あとゴオウ配合はガチ
↑がオススメですね。ダテに毎日飲んでません(爆)

とは言え、薬局で販売できるような栄養ドリンクはあくまで主体成り得ないので、早めの休息と満足な食事を心がけましょう。おにーさんとの約束だ!>キラーソ☆

そんな日のこと。タウリン系うめぇよぅwwな日のこと。
[PR]
by nekomatic-special | 2008-04-24 08:38 | お仕事
<< 0858 08-04-25 0856 08-04-24 >>