0639 07-10-11

久々の「ねこ節」





ども、ネコマです。

今回はPCゲームのお話をさせてもらいます。興味のないものは回れ右をしてくれるとありがたいです。

それでは今回紹介するのはコレです。








f0054133_128258.jpg



ステージ☆なな「Narcissu-ナルキッソス-」


所謂、同人ソフト的なカテゴリーされます。あ、ちなみに全年齢対象です(笑)現在本編である「ナルキ」とナルキよりも過去でアナザーストーリー的な「ナルキ2」があります。結構「いまさら」感がありますが、ようやくトライです(^_^;)

ノベル形式で、キャラクターの立ち絵は皆無で殆どが背景とテキストと少しの音楽。稀に少しだけCGが入るくらい。これだけだと手抜きソフトに思えそうですが、何がオススメって…これまた文章レベルがハイスペック!!同人とは思えないデキなんです。逆に背景オンリーなのが違和感なく雰囲気に溶け込んでるくらいです。んで、シナリオライターが「片岡とも」氏…。

ハイ!ここでピンと来た方はパソゲーのメェイニァッ!!な方です(笑)むろんあっしもなんですが(^_^;)
んで、このヒト、今は活動休止中であるPCゲームソフトメーカーの「ねこねこソフト」の物書きとしていた方なんですわ。名作「銀色」「朱-aka-」あたりの作品を手掛けたヒト。「ねこねこソフト」はあっしがテキストレヴェル最高峰と認めているブランドの一つです(もう一つはNitro+)。そりゃ、文章が素晴らしいわけさね。あ、もちろんねこソフの流れもあるのか音楽もヘタなPCゲームよりもかなりいいです。

んで、基本ストーリーなんですが


重いです

そりゃもう。例えるなら

ナルキ>銀色>天使ノ二挺拳銃>朱>PHANTOM

といった具合でしょうかね。劇中でまったく笑えるシーンが皆無なのはもとより、テーマも物語も重すぎるわ!だが、それがいい。いや、MAJIDE<キッパリ

もともと、このヒトの作品である「銀色」をやれば分かる事なんですが、「みずいろ」みたいに明るいコメディを作るよりシリアスで重い文章を書くほうが優れている物書きさんかと。物語中でも
「あぁ、片岡ともっぽい言い回し(書き回し)だなぁ…」
と感じます。それがすごくマッチしている。個人的主観では彼の作品はすごく好きなので銀や朱が好きな方にはオススメです。

んで、肝心のソフトなんですがココからダウンロードできます。しかも無料で!!どうやら

『大きなコンセプトの一つに’一人でも多くの人に見てもらいたい’がある為、全編「無料公開」が原則となっております。』(HPより抜粋

とのコトなのでネット環境のある方はどなたでもプレイできるというステキ仕様。うーむ、もったいない(笑)時間的には2~3時間程度で読み終える量ですが4800円くらいで売ってても問題ないくらいの密度です。そのくらいの文章力、あります。同じ物書きとして敬意に値しますわ、ホントに。なので物語が重くても耐えられる方は是非ともプレイしてみてくださいな。

言い回しや表現力は勿論なんですが、コトバに「重み」があるんですよねぇ。「重み」といってもシリアスとか悲観的とか、そういった類ではなく「考えさせる」とか「メッセージ性が深い」というカンジで。主題や言いたいコト、メッセージがあってそれを自分の中で考えてしまう…。最近は読む気もなくすクソテキストの癖にカワイイ絵柄でカバーしてるようなエセブランドが多いので、片岡氏には頑張って欲しいもんです。感動を生むのはいつだってコトバです。絵や音楽はソレを助けるモノなんですから。絵やキャラに「萌える」のはたかが一時。人生の足しにもなりゃしませんさね。

あ、ちなみに二作品でており、片岡氏的には時間の流れに沿って「2→1」の順でプレイするのをオススメしてます。でもネコマ的には「1→2」がいいと思います。まぁあくまで主観的ではありますが(汗)

そんな日のこと。ねこねこも復帰するらしい??日のこと。
[PR]
by nekomatic-special | 2007-10-11 12:08 | ゲーム
<< 0640 07-10-12 0638 07-10-10 >>