0472 07-04-26

(無駄に)早く起きた朝は





ども、ネコマです。

イキナリですが、皆さん驚かないでくだされ。本日の起床時間0330。…早っ!まぁちょいとした所用のために早起きせざるを得なくなったんですが。そのついでに休日なんでちょっくら冒険に征ってきました。無論早朝出発。0530出発です。…こんなに早いのは久々です。

んで、ぶっちゃけ、バイクに跨る三秒前まで征き先を考えてませんでした(笑)まぁいつだって冒険は唐突なもんさ(爆)ちょっとした脳内閣議を終えた挙句出した結論は
「三峰神社」
…まぁ毎度のコトです。ホントは伊香保に温泉饅頭喰らいに征こうかと思ったんですが、朝三峰も捨てがたいと考え、朝日とは反対方向(西へ)に向かって愛車のKATANAを走らせました。つか、日の出と共に出発するのって夏の北海道冒険以来ですな。朝日に向かっておはようの挨拶とサムズアップの儀式も久々。清清しいぜ(^-^)

飯能の峠を越えて秩父へ向かうものの、一つ問題が。

寒い

…まんまですな。いくら春と言えども早朝は冷えます。ましてやお山の峠は尚更。上に三枚+バイクジャケットを着込んでも寒い(ToT)正直早朝をナメてましたぜ。KATANAでも寒いです。マイッタ。お陰で秩父の麓で一度休憩をとるハメに。





f0054133_12251245.jpg

三峰山あたりになって漸く日差しに暖かさが含まれてきます。今回は道が空いていたので川越→三峰まで片道3時間という、いつもより大分早い時間に着くことが出来ました。毎度恒例のガラ空きの駐車場にバイクを停めて見上げれば鮮やかな花が咲いているようで。
f0054133_12261366.jpg




どうも三峰神社は夏と秋のイメージが強いんで、花咲くイメージが沸かない(笑んで…
f0054133_12271348.jpg

この花なんでしょ?まぁ大した問題ではないのでスルー(笑)




f0054133_12273846.jpg

朝の新鮮な空気と静謐ともいうべき雰囲気の中、今回の冒険の無事を願ってご参拝。んでフと思ったのが、もしかして朝三峰って始めてじゃんね?鳥が囀る音と目覚め始める非日常…なんかイイですな、この雰囲気。イヤホンから流れる静かな音楽でさえ、そぐわない感を感じるくらいです。神社仏閣好きの方は是非早朝に訪れてみては如何?よさ気ですヨ(^O^)/

三峰を後にしたら志賀坂峠方面へ向かいます。埼玉と群馬の県境にある「せいご園」という釣り堀が目的です。魚釣りだけでなく、釣った魚を食べれるトコロなんです。川越からだと少し遠いですが、とても美味しいのでオキニイリ。ま、正直少しオナカが減ってきたもんで(^_^;)

んで釣り堀に向かう途中に「日窒鉱山」を通ります。この場所、なんだか寂れた鉱山オーラムンムン。一応稼動してはいるみたいなんですが、人気が少ないこと。夕暮れ時に来るとノスタルジックな雰囲気です。ちなみに日が落ちるとゴーストタウン?深夜に訪れるほど豪気でも怖いもの知らずでもないので解りませんが(汗)






f0054133_12282348.jpg

ここらはまだマシですが少し奥に入ると明らかに手入れされていないような家屋や木造の建物があります。どうやらかつて栄えた名残のよーですな。ツワモノどもが夢の跡ってね。…射撃部の飲み会跡違くて(笑)




f0054133_12284315.jpg

この長屋も鉱山で働いていたヒトたちの住処だったんでしょうかね?ガラスこそ割れていないものの、廃屋オーラムンムンです。んでコッチも同じく↓




f0054133_12293439.jpg

なんだか荒れ果てたイナカの風景…ぶっちゃけ、初期廃村なオーラが(^_^;)んでこの建物の入り口に張り紙が張ってあったんで覗いて見ると…


f0054133_12294717.jpg




菜煮ィ!(°ロ°)ここ銭湯なんかい!その割には小さいような、荒れているような…。張り紙もそれほど歴史を感じさせるものではないのでもしかしたら現役稼動中?思わず引き戸を開けて確かめたくなりましたが、怒られるのもイヤだし勇気が足りなかったのでそっと走り去りました(笑)






f0054133_1230968.jpg

日窒鉱山を後にして荒れに荒れている舗装路の峠を越えると「八丁トンネル」が姿を現します。今は日が高いし快晴なので割とフツーですが、夕暮れだったり、曇りな天気だったりするとこのトンネルってばメチャ怖いです。トンネル自体は真っ直ぐでそれなりな傾斜あり。んでなにより夏はトンネル内にナチュラルに霧が発生する温度差。正直寒く感じます。別に曰くも怪談もないような廃れたトンネルですが、この温度差のせいか、あっしはどうも怖いです。もっとも、寒くなるとトンネルの出入り口と中でアイスバーンのトラップが発生するコトも要因の一つですが…。単純な標高なら三峰神社より高いらしい(^_^;)

恐怖のトンネルと荒れた舗装路を超えて志賀坂峠に合流。一路釣り堀を目指します。んで麓に着き目的の釣り堀を発見!そこで目にしたものは…


本 日 定 休 日


はんがー!∑( ̄口 ̄)…なんていうかね、切なさ炸裂ですさね。せっかく楽しみにしていたのに、しょんぼりです。仕方ないのでこのまま適当に温泉入って帰るとしましょう…。

んで秩父の街に下りたときに思い出しました。たしか釣り堀はもう一箇所あったような。幼き頃に小川町の釣り堀に征ったじゃんね!幸いにも定峰峠を経由した復路ルートにも近いので寄ってみることに。KATANAで桜散った春の定峰峠を駆りつつ、件の釣り堀へ向かいます。多様迷ったものの、漸く釣り堀に到着!!






f0054133_12465196.jpg

本 日 定 休 日-アゲイン-


なんかね。もうね。死にたいって感じです(笑)切なさ爆裂です(ToT)まさかここまで運命に裏切られるとは…。仕方なく栄養補給のために寄ったやまだうどんの味は涙の味がしましたとさ(涙)ちゃんちゃん。

…とそこで終わらず。帰り際に仕事先によって納品の手伝い。ティッシュが18ケースも来ていれば流石に放って置けないでしょう。自分の担当-シマ-だしね。買い物ちでに納品を手伝って帰宅したら、夜に備えて仮眠です。夜は会社の歓送迎会があるんです。わお、ハードやね。

肝心の歓送迎会は割と楽しんでワイワイやる事が出来ました。久々にWWにいる兄貴分の社員さんにも会えたし。惜しむらくは薬剤師の糞婆ァ(Mixi参照)がその場をブチ壊すような発言をしばしば言ったことくらいか。こーゆー時くらい不干渉に徹しろよなぁ。ヤレヤレだぜぃ。

そんな日のこと。次こそは釣り堀るぞ、な日のこと。
[PR]
by nekomatic-special | 2007-04-27 12:30 | 冒険
<< 0473 07-04-27 0471 07-04-25 >>