0418 07-03-03

ごめんね、じゃないよ…ありがとう、だよ





ども、ネコマです。

いきなりですが、テンションダウンなお話を。手前にとってあまり明るい話でないので気を悪くしたらゴメンナサイ。一応謝ってやる(苦笑)

ご存知の方も多いですが、お気に入りにもリンクされていたヨウコ先生のブログ「あのね~思い出までの距離☆~」が閉鎖することになりました。いきなりの告知。いきなりの閉鎖となってビックリです。

思い返してみれば正式に交流を始めたのは確か冒険から帰ってきてからか。優しい雰囲気とその中に潜む強さに惹かれとても大好きでした。My日参ブログの一つでしたね。最近はよくお邪魔してましたっけ。

閉じる経緯や原因は割愛します。書くの面倒なんで(笑)でも彼女が決めたことだから、それがきっと最善。寂しいけどその事実を受け入れるのがオトコってもんでしょう。後押ししなきゃ。頑張れ。


んで先ほどチャンスを貰って漸く、自分の「ココロのジャリジャリ」に一区切りをつけることが出来ました。自分も予想していた内容だったので、受け入れます。ま、アタリマエと言えばアタリマエすぎる話なんですが。


偽善にまみれたこの俺は、心に宿る小さな刺にすらなりたくない。だから微笑んでください。それが、俺の求めです。

俺は平気。ちゃんと還れます。何も知らなかった、'ただのネコマ'に還れます
天使に穿たれることもないでしょう。かの者が穿つ'未練'は存在し得ない

憧れ続けた非日常の世界に俺の居場所は無かったけれど
その境界線を越えることは出来なかったけれど
もう会うこともないだろうけど
それでも、自分の征き方に後悔は無いから

だから
ありがとう
ごめんなさい
サヨナラ

そんな日のこと。まぶしかった日のこと。





















追記:最近ずっと聞いていたゲーム「scarlett」のED曲「LOOSE」の歌詞があったので載っけて見ます。いや、意味なんてとくに無いんだけどさ。ただこの歌詞と現実は異なったってコトくらいか。はっはっは。

 「LOOSE」

黙り込むこの感情
冷めた色のケージで揺れていた
自鳴琴-オルゴール-のような日常
錆びた小箱 そっと閉じた

隙間に見えた光 すぐに瞳を焼き尽くしてしまう
ただ超えたくてまたぐ境界線
空は熱かった・・・

shoot away, gloomy sky・・・
この街のどこかで一人待ってる"誰か"に会いたくて
紅染めた出口のその先へ
ひと握り込めて 解き放つ


画面の中の愛憎
増えたはずの経験値は消えて
悲しいのはその偶像
灯-あかり-のようにふっと落ちた

答はまるで千億の砂
こぼれてまた無くしてしまう
捨てきれなくて強く握るほど 影は壊れてく・・・

shoot away, gloomy sky・・・
この街のどこかで一人待ってる"誰か"に会えなくて
砂に枯れない花に見た熱情
迷い鳥のように 彷徨う


find my way・・・ at the sky, off the ground
まだ見えなくて探す境界線 瞳爛れても

shoot away, gloomy sky・・・
この街のどこかで一人待ってる"誰か"に会えたなら
紅の空 終日のその先へ
開かれゆくままに 解き放つ

shoot away, gloomy sky・・・
この街のどこかで一人待ってる"誰か"に会いたくて
紅染めた出口のその先へ
ひと握り込めて 解き放つ
[PR]
by nekomatic-special | 2007-03-03 22:16 | 普通(風味)の日記
<< 0419 07-03-04 0417 07-03-01 >>