0357 07-01-04

初シゴト





ども、ネコマです。

今日からいつもの日常にダイブです。いわゆる初出勤(笑)まぁサービス業は忙しいってコトで。久々の業務なので内容を忘れかてていたり(^_^;)つか、My担当の売り場がガラガラのスッカラカンになってしまったのがイタイ。うぅむ、早急に建て直しを計らないと…。

そんなネコマは昨日の夜にようやくTOP画を変更しました。だいたい50回周期で変えてます。稀にネタが無くて不定期になる事もありますが(^_^;)んで、今回はPC&PS2ゲームの「永遠のアセリア」より「エスペリア=グリーンスピリット」です。
f0054133_1194167.jpg



f0054133_1183498.jpg

○ストーリー
主人公である少年『高嶺悠人』と義妹『高嶺佳織』。
そして二人の親友『岬今日子』『碧光陰』達は
突然異界ファンタズマゴリアに召還されてしまう。

中世のような、その世界では戦争の嵐が吹き荒れていた。

すべてが有限であるがゆえに奪い合うことしかできない世界・・・

悠人はラキオスという小国の戦士として永遠神剣『求め』を手渡される。

絶対的な力をもつ永遠神剣は、異界からの訪問者と、
その世界にすむ奴隷戦闘種族『スピリット』にしか扱うことができない。

悠人は佳織を人質にとられ、ラキオス王国の為
スピリットを率いて望まぬ闘いを強いられる。

ラキオス王国のスピリット…アセリア、エスペリア、オルファリルとともに…。

しかし、今日子たちもまた、他の国で永遠神剣を与えられていた。 
悠人たちはそれぞれの守るべきもののため、お互いに戦う道を歩む。

魔剣と、権力者たちの思惑に翻弄される悠人とスピリットたち。 

そして悠人は佳織とともに元の世界に戻ることができるのか?




…とまぁ物語の概要はこんなカンジ。TOP画にしたエスペリアは異世界に飛ばされた主人公を世話をしたり、時には戦闘でサポートしたり…といった主人公にとっておねぃさん的なキャラクター。家事全般が得意というのも拍車を賭けてるんでしょうけど。そして槍型の永遠神剣「献身」を持つ、ラキオスのスピリット隊の良心回路的な存在。成る程、なに気にラキオスのスピリット隊の副隊長なワケです(笑)
f0054133_11955.jpg


最初は姉と弟のように感じていた二人だが、お互いを知り、戦場を駆け抜けていく間に恋心が芽生えていく。しかし悲しいかな、主人公は「ヒト」であり上官(主人)でもある。対するエスペリアは「スピリット」であり隷属される立場。自身の過去の事も重なって揺れ動く心に悩み奔走される…。

このゲーム、ADV&シミュレーションゲームなんだけど、戦闘システムがまた良く出来てること。そして登場人物の描写が上手でキャラクター性が豊かだったり。サブキャラのスピリットたちも「個性」だけならメインの陣営を喰う程(故にサブキャラたちが主役の「スピたん」も発売している)。

キャラクター性が深いのは主人公も然り。最初は弱々シスコン男だったのが、仲間との触れ合いや親友との死闘(<!)によって成長し、最後は世界の運命を背負っていく様はイイ感じです。つか、ヒロインズよりも主人公の方がスキだったり(笑)やっぱり最初から最強モテモテ男じゃツマラナイしねぇ。

絵柄はちょいとクセがあるものの、文章&音楽は高レベルに纏まってます。サントラはゲームの長さの割には少ない気がしないでもないですが、名曲ぞろいなんでヨシとしましょう。このテのゲームは「萌え系」と勘違いされがちですが、お間違えの無いように。「萌え」ではなく「燃え」です<キッパリ。ファンタジー世界で女の子が幻想系の武器をぶんぶか振り回す様は…イイね(爆)混沌士も好きそうな気がするんだけどなぁ?

兎に角、今期のTOP画はコレってコトで。次の変更時期はきっと春先だろうからネタが転がっている事を信じて…(汗)

そんな日のこと。アセリアでもよかったかも?な日のこと。
[PR]
by nekomatic-special | 2007-01-05 01:28 | ゲーム
<< 0358 07-01-05 0356 07-01-03 >>