0196 06-07-31

♪いざ進め~や~、三峰~



やほーい!ネコマです。

本日は久々に秩父にある三峰神社に征って参りました。久々なもんだから楽しかったなぁ。なんせ最後に征ったのが冬だったからなぁ。クランクケースカバー割って赤男爵のレスキュー呼んだ以来かも?詳しくは過去ログで(苦笑)

今日のルートは川越→飯能・奥武蔵グリーンライン→名栗・大名栗林道→秩父・三峰神社の三大秩父ツアー。久々にダートを走ったのでそりゃワクワクしましたってば。写真をモリモリ撮ってきたので、いくつか載せつつ冒険トークしちゃいます。興味ない方は「コジーンの小部屋」に征くとイイコトあるかも。って広告かよ(笑)

今回のツーリングはリアトランクのみの装備です。アレコレ持ってくのは面倒なんで。よって写真に写れない本人に代わってコヤツがほんのり出てます。
f0054133_1994985.jpg

我らが(?)ネコマ先生です。つーわけでシャッター切るまでリアトランクで待機!<ひでぇ

f0054133_19103612.jpg

まず飯能の奥武蔵なんたら。R299を秩父方面へ向かう途中に別れている林道です。地図上だとR61だっけな?顔振峠→傘杉峠→飯盛峠…を通過するルート。前半は割りとマトモなアスファルトが後半は多少荒れてくるというウォーミングアップ涼みに丁度いいルート。無論山を縫って走るわけなので涼しいことこの上なし。もっとも飯能突入した辺りから気温が下がってきますが(笑)ところでいつも気になるこの標。なんて読むんだろ…??
f0054133_19104939.jpg


グリーンなんたらは東秩父村の「定峰峠」と飯能と秩父の境「正丸峠&トンネル」に征けます。今回は秩父方面に下りるためトンネルを通過します。しかし長いトンネルって空気悪いよな~。

トンネルを出てから秩父の町へ下りずにすぐ左折して再び山の中へ。今回は名栗村のダートを走破してから秩父へ降ります。そんなわけで40分くらいイナカを走ります。

そんなこんなで大名栗林道に到着。約20キロ関東屈指といってもいいくらいのロングダートです。その距離自宅から赤男爵浦和店までの距離と同じ!オフ好きならココは外せない!
f0054133_1911529.jpg


さて、ココからがオフロードの楽しみ方の真骨頂。峠を走るアンチャンたちが知らない愉しみがココにはある。スピードの快感や倒しこむスリルはない。けれど道を読んで進むべきルートを探し出し、一つの難題に向かって対処していく。暴れるマシンを押さえ込み、時には流して進む。ラフな操作で滑らないようにせねばならない。なんせ一歩間違うと奈落の底。相棒を信じて攻略していく…これが愉しまずにいられるか、いや…いられない(反語)。どうやらあっしはモトクロスよりもトライアル的な愉しみ方が好きなようだ。スキーで上級コースを下っていく感覚と似ているかも。興味がある方は是非トライしてみてくださいな。きっと愉しい…ハズ。

ちなみにこのダートは山の中。よって景色も悪くない。そこで写真撮影を。…パチリ。
f0054133_19113459.jpg

…と思ったら…
f0054133_19121088.jpg

バタンQ。無理な体勢で停めたから倒れてしまったようだ(笑)ダートでは平坦な道の方が少ない。うわ、カッコ悪ぃ~。と嘆いていたら…
f0054133_19121990.jpg

はぅあー!(画太郎風味)。レバー曲がっちょるやんけー!菜煮ィ!(°ロ°)転倒によりレバーが曲がってしまった模様。嗚呼、1260円(<レバー代)が飛んで逝く(ToT)…具体的だって?そらまぁ、よく曲げてるもんですから(苦笑)

この場での交換が面倒なんで曲がったレバーで進むこと6キロ。だんだん道が荒れてきている…。そういえば通行禁止の看板を見かけたような?でも試練無くして冒険なし!戻るのもシャクだしこのままGoGo!…すると
f0054133_19123949.jpg

↑こんなのや
f0054133_19125693.jpg

↑あんなのまで
f0054133_1913485.jpg

↑…ちょ、ちょっとマテ!(汗)秩父に熊注意ってなんだ・きっと今ごろは山形に帰ってるぞ、きっと。それとも熊谷かな?…ジェイ熊さん違くて(笑)

落石やら地すべりや熊注意に多少ビックリしたもののとりあえず進め!まさにトライ&チェイス!

一時間以上かけて20キロのダートを走破したら秩父さくら湖を通って秩父市外へ。そこから荒川村→大滝村→そして三峰神社へ。
f0054133_19132918.jpg


平日なのか人が少ない。うむ、いいことだ。今回の冒険の無事を祈って、メインの(?)温泉へ。神社に隣接されたホテルの風呂で、露天ではないものの500円でタオル付というネコマ一押しの温泉がココ。そして16時という時間帯なのか入浴客がいない!まさに貸切。ワショーイ。
f0054133_1914458.jpg

防水性の携帯電話がこんな風に役立つとは(笑)


帰りは一直線に帰還。暗くなってくると視界も悪いし、温泉後は疲れがにじみ出てるしね。いつもの通りにダムの上を通過して秩父へ。毎度のコトながらいい眺めです。クルマで三峰へ上る者はいつもココを通ります。ちなみにロープウェイもあるみたいだけど、来年の5月まで運休中止みたいです。徒歩組みの方はバスでどうぞ♪
f0054133_19143488.jpg


そんな訳で日は暮れゆく。明日は旅立つ準備で一日が終わりそうです。…そうだ、レバーも変えないと(笑)

そんな日のこと。やはり、三峰はいい、日のこと。







































フッフッフ…見つけられたからには仕方ない。後悔させちゃる~





f0054133_19165751.jpg

…いや、誰もいない温泉なんでアホなコトを一人でやってました(笑)どうよ?せくすぃ~でしょ<逝ってよし
[PR]
by nekomatic-special | 2006-08-01 18:22 | 冒険
<< 0197 06-08-01 0195 06-07-30 >>