0062 06-03-20

真剣に考えてみました



コンヴァンワ、アインハンダー・ネコマです。今日は少し前から真剣に考えてきたことを皆さんに打ち明けたいと思います。長文になる予定なので、興味のない方、活字に拒絶反応が出る方、どーしょーもない予感のする方は読まないほうが賢明でしょう。

ではそのギモンについて。
「最近の仮面ライダーはどうしてスポーツタイプに乗っているのか!!?」
…以上。いや、だって気になるんだもん。はい、マジメな相談を期待された方、残念でした(笑)あっしは悩むよりも行動で解決策を見つけるタイプなモノで…。すいませんねぇ(^_^;)

さて、問題のバイクですが「アギト」「龍騎」「カブト」に渡り皆さんこぞってスポーツタイプに乗ってるんですよ。個人的にはあんなバイクなんて腰が痛くなるだけです(キッパリ)。よって彼らの選択が正しいものなのか検証してみましょう。

まずライダーバイクに求められる条件を箇条書きにして見ましょう。
・速い
・小回りが効く
・何処にでも行ける
・頑丈
・カッコイイ
…以上になります。他にもあるかも知れないけど、思いついたのはこれくらい。では各条件を満たすバイクを考えてみましょう。ちなみにここではライダー=悲劇の英雄ではなく、平成の風潮に乗っ取りライダー=正義のヒーローとして捉えていきますのでアシカラズ>ペコリ

・速い
まず怪人はいつ現れるか解りません。そのためにライダーは常にスクランブルです。ツーリングでのんびりしている余裕なんてありません。御一報、即、出撃。よって50ccのカブでは話になりません。よって原付クラスは全滅です。カブは頑丈だけど(笑)ここは現代の科学の結晶であるスーパースポーツ(SS)に登場してもらいましょう。1000ccの排気量ながらスピード・軽量・コンパクト・旋回性能をトコトン磨き上げた存在。各メーカーが似たようなバイクを出しているのですが、ここはヤマハの「YZF-R1」を例に挙げてみますかね。
f0054133_10565.jpg

これでチンタラ現場に急行することはないはずです。信号が黄色でもGo!Go!

・小回りが効く
最近のライダーは首都圏内に住んでおり、事件も主に東京です。よって渋滞をスイスイよけれるようなフットワークの良さが必要です。残念ながらBMWやサイドカー・GLは脱落です。
f0054133_134230.jpg

ハンドルの切れ角と軽量な車体性能が求められるので「モタード」というジャンルが当てはまるかと。スズキの「DR-Z SM」400ccのモタードマシンです。街中でもキラリと光るブルーがイカス!

・何処にでも行ける
いつも事件が都内とは限りません。山の中や不整地なときも有るでしょう。レプリカで山道に征ク勇気は無いでしょう。ほい、残念でした。よって我らがオフロード車の出番です。
f0054133_144974.jpg

まぁ走破性だけでなく、怪人との格闘も見越してのチョイス。BMWの「F650GS-Dakar」。パリダカを走破したモデルとして有名。シングルエンジンなのでワリとスマート。先のDR-Z以上のモノかと。…シート高は高いけど(ToT)

・頑丈
怪人にボコられる事もあれば、体当たりをすることもあるかと。そのためにチョットぶつけられてもまだ走行できるくらいの頑丈さが必要です。結構バイクの条件としては難しいですが、コレなんてどうでしょう?
f0054133_154816.jpg

ホンダ「XL1000バラデロ」。結構地味なバイクです。アルプスローダーというジャンルのバイクだったりします。取り敢えずエンジンはカウルに守られてて、マフラーも内側なのでチョッピリ安心かと。さらに大型スクリーンで敵の攻撃の第一波くらいは何とかなるかもしれません。つか、対衝撃に頑丈なバイクなんて聞いた事無いなぁ(^_^;)

・カッコよい
コレに関してはイロイロ分かれるトコロ。それこそ千差万別。しかし子供達のヒーローである以上カッコよくなければ!しかも普通っぽくないカッコよさがミソ。よって今年の東京モーターショウに出品されていたコイツはどうでしゅか?
f0054133_165338.jpg

これはスズキのコンセプトモデル(市販化は未定)のバイクで「STRATOSPHERE-ストラトスフィア-」といいます。かの名車「GSX--1100KATANA」の後継機に当たるそうな。…似てるか?とにかく六気筒エンジンといい今までとは違ったシャープさをかもし出している…ハズです(汗)

そんなわけで五大要素を羅列してみました。そこですべてを最高のレベルで組み合わせてみると…
「R1のエンジンを載せたF650GS-Dakarを対衝撃用に強化したカウルをくっつけて、かつストラトススフィアのような流線型のバイク風味にする。」
…ってどんなバイクだよ、ソレ!∑( ̄口 ̄)マジメに良いところを合成するととんでもない事になりそうです。よってある程度妥協するとこんなバイクが浮かび上がってきました。
f0054133_18537.jpg

イギリスのトライアンフの「Tiger-タイガー-」。ハッキリ言ってかなりの地味バイクかと。しかし曲線を帯びた車体にオン&オフ問わず走れる性能と、比較的操作しやすいハンドルが快適な走行を約束。三気筒エンジンも見逃せません。某バイクジャーナリストもお気に入りの一台。つか、BMWの次に欲しいバイクだったり(b^-゜)惜しむらくは外車なのでパーツが高いことかな(涙)ちなみに)国産ならホンダの「アフリカツイン」かな?パリダカにも征けちゃうモデルだけど、やっぱり絶版車だからパーツは若干高いや(爆)

…という訳で長々と書いてみましたけど上手い結論は出なかったなぁ。両方走れるバイクがいいと言うのが解っただけでしたね(汗)
結論・現実と理想のギャップはかくも激しい

そういえば仮面ライダークウガで「トライチェサー-TRCS-」というオフロードタイプのバイクがあり(最高速度300キロ。自殺行為です)、クワガタ型のメカと合体する事により強固な装甲と、バンパークローを得た「トライゴウラム」になるバイクがありました。勿論架空だけど、コレはかなり理想に近いのでは?渋滞&不整地はTRCSで、高速走行&怪人を轢くのにはトライゴウラム。
f0054133_1111561.jpg

f0054133_1113094.jpg

やはりクウガは素晴らしい!さすがオダジョー!My尊敬するお方です。DVD出てるカラ機会があれば見てくださいな。オススメですd(>_・ )

そんな日のこと。何事も使い分けが大事なんだと悟った日のこと。
[PR]
by nekomatic-special | 2006-03-21 00:49 | 仮面羅威駄亞
<< 0063 06-03-21 0061 06-03-19 >>